Funny Walking

人の個性への好奇心

【RedmineのViewフックを使った機能追加を行う】ふりかえり - 2019/08 1回目

お盆休みを挟んだため、記憶があいまいなのだが、思い出せるだけ書いてゆく。

やったこと

  • 仕事系
    • RedmineのViewフックを使い、ロードマップ画面に表示させるバージョンの種類を調整するようにした。RedmineのViewフックの考え方について学ぶため、公式ドキュメントを見た。
    • hookのポイントはRedmine本体のViewソースに書かれているが、どうもロードマップ画面に特有のフックが少ない。あるにはあるが欲しい機能を満たすには冗長なフックである。しかしほかに選択肢がないのでそのフックを使った。あとで調べたら、Viewフックの一覧を表示してくれるプラグインがあった。こちらを導入したらフックの確認がとても楽になった。ありがとうございます。
    • UIについては上司と意見が分かれたが、改善策は後回しとなった。
  • キャリア系
    • そーだいなる DBRE Night参加
      • connpass.com
        • MySQLのチューニングをやっていきたいと思った。まずはログを出力するところからだけど。
    • サイボウズ QAキャリアBAR 参加
      • cybozu.connpass.com
        • QAの仕事の幅の広さが印象的だった。テスト環境の構築やテスト支援という漠然とした理解から変化した。開発の思う良い仕事と、QAとして担保すべき品質とのせめぎあいを垣間見れたのは面白かった。オフィス見学もさせてもらったが、最近はどこもオープンオフィスで、一つのフロアに小さいパーティションで区切られた机がズラーっと並んでいた。個人的にはこういう環境は落ち着かない。
    • Mackerelをトライアル登録した
      • mackerel.io
        • サーバ監視ツールとして、EC2インスタンスの死活監視のために導入した。夜の時間帯はインスタンスを落としているため、それを含めてどうスケジューリングするか検討中。また、業務で使っているローカル開発環境のMySQLが思うようにスピードが出ないため、うまく状態を監視できないか検討中だ。
    • 株式会社はてな様で面接
      • CRE職に応募して面接を行った。終始緊張していてうまく喋れなかった。しかし、Twitterの評判どおり、はてなの面接は最高だった。面接官の方がノートPCを開いていたが、「議事録のためにノートPC開きますね」と一言いってくれたので気が楽になった。ちょうど面接前に『エンジニアリング組織論への招待』を読んでいて、メンタリングの技術について書かれていた箇所と同じ対応をしていただいたので、とても嬉しかった。
    • ナレッジスイート株式会社様で面接
      • こちらはカジュアル面談。互いの求めるものを紹介しあう、という形式のものだった。グループウェアSFAが主力商品で、今後は今までよりも開発と営業の垣根を無くして、スピード感をもって製品開発を進めるためにシステムを刷新するプロジェクトを動かしているとのこと。既存のPHPから、大規模開発を効率的に進めるため、JavaでDDDを検討しているとCTOが仰っていたのが印象的だった。
      • ksj.co.jp
    • 『エンジニアリング組織論への招待』を読み終えた。
      • gihyo.jp
      • 他人と組織をメンタリングすることで、人が必ず感じてしまう不安の感情を起こさせないようにしようという考えがとても共感できた。特に、アジャイル開発が生まれた背景の箇所は興奮しながら読んだ。

自身とのフィット分析

自分のやりたいことはエンジニアリングだが、プログラミングに限定した話ではない。

プログラミングをするときに発生する「具体的には分からないが直感的に感じる違和感」を解消することが肝心だといつも思っている。それが何なのかについて一つの答えをくれたのが『エンジニアリング組織論への招待』だった。「自分と相手との情報の非対称性」により発生する「限定合理性」が、その原因なのだという。

自分は、なるべく広い視点からこの「限定合理性」に陥らないための努力をしたい。そのために実施しているのが、エンジニア職以外の考え方を知るために、勉強会に参加することだ。

UI, UX, マーケティング の考え方を勉強している。

しかし、なにか釈然としない。勉強したは良いが、それを踏まえてどう行動するかの方が大事な気がする。自分が勉強したことで、何かを解決したのだろうか?いや、してない。

もう少し具体的なアウトプットを出せるようになるまで、勉強の焦点を絞ろうと思う。