Funny Walking

人の個性への好奇心

【大切なのは自分を表現することである】振り返り - 2019/09 1週目 -

相変わらずRedmineに弄ばれる日々を送る。だが、仕事に馴れてきたせいか、キャリア系の取り組みを充実させていけるようになった。

今回は、仕事、キャリア、それぞれで工夫したことを書いていこう。

仕事系

Redmineのチケット発行画面を操作して、「バージョン」から切り出した「リリース」「スプリント」のそれぞれに対して「ワークフロー」画面で設定したフィールド操作権限を適用するという作業をやっていた。

まあ大変で、いままでやっていた単純な修正とは違う。ワークフローの権限設定について、テーブルの中身とプログラムの連動関係を抑えないといけない。

工夫したこと:

  • 新しいデバッグ方法を試す
    • 地道にRails.logger.debugをコントローラやモデルに仕込むといった簡単なもので今までやっていたが、それだと効率が上がらない。デバッガを仕込んでプログラムの流れを確認していくようにした。

なお、調査結果はRedmineのチケットに逐一書き込んで管理し、調査の記録を残すようにした。こうしておけば、後の調査で権限周りを弄ることになった人が困らないと思う。Redmineのチケットは、他のチケットと関連付けできる機能が標準で付いているので、後追いが楽なのが有難い。

キャリア系

LT会に参加。初めて登壇してきた。詳細はQiitaに別途書いている。

engineers.connpass.com

1社カジュアル面談を行い、エントリーも済ませた。自分はデータ分析基盤構築に関心があるので、サーバサイドAPIの知識が必要だと感じた。

www.e-seikatsu.info

工夫したこと:

  • LT会
    • 別途書く
  • カジュアル面談
    • 専門領域以外で興味をもって話せることを探した。ITに話が特化すると、面談の場そのものを楽しめない。楽しむということは自分にとって大事なので、ここは意識して取り組んだ。

目的へのフィット率

やりたいことがやれているか?

仕事については、まあまあやれている。ファイブフィンガーだと3。Redmineのコアな機能に触れている。モダンな開発に触れている。そこで自身の知識と経験を活かせている。

キャリアについては、LTという新しい経験を積めたのでOKだと思う。ファイブフィンガーで5。とにかく今年は新しい経験を積むことを目標にしているからだ。Twitterで出張1on1の予定も入れたので、今後も新しいことに積極的にチャレンジしていくようにしたい。