Funny Walking

人の個性への好奇心

個人主義の人間にとってメリットのある組織とは、いったい何か

烏合の衆ではない、きちんと組織化されたところで働くメリットを考える。

メリットは、個人攻撃がされないこと。そして、個人で得られるリターンを超えた利益が得られること。しかも、個人で挑むよりも低コスト、低リスクで。

デメリットは、自由が無くなること。拘束時間があり、ノルマがあり、他人と協調しなければならない雰囲気があること。一言でいえば、気兼ねなく言いたいことが言えないこと。

お金を稼ぎたければフリーランスになり、高いリスクを負って沢山稼ぐ。会社員の立場だと、こういう状況に憧れるのだろうか。

ただ実際、フリーになる人というのは、人間関係に耐えられなかった人のほうが多い。

[新版]〈起業〉という幻想:アメリカン・ドリームの現実

[新版]〈起業〉という幻想:アメリカン・ドリームの現実

安定した生活を捨ててでもフリーになる人というのは、人間関係で上手く行かなかった人が実は多いのだ。

人間関係に辛さを感じる人は、個人攻撃されず、拘束が比較的緩く、自分のペースを保てる環境が大切だと思う。

否定から入らず、すべての意見をいったん受け容れる。それだけで組織の居心地は変わるのではないだろうか。