Funny Walking

人の個性への好奇心

誰でも悩む。悩むということは視座が上がった証でもある

ということを思った。

職場で(といっても在宅だけど)業務後に聞こえてくる会話に耳を傾けていると、キャリアに悩む声が聞こえてきた。

3年くらいして現在のスキルが頭打ちとなり、以降の成長をどうしていこうかという話だ。

高みに上がったんだな、と聞いていて思った。

目の前のことに夢中になって日々を過ごすうちに、いつの間にか視座が上がっていたのだろうと思った。

目が肥えると、今の状態に不満が募る。もっとできるはずだと思ってもどこか物足りなくなる。

しかし、そこを耐えてコツコツ積み上げていくと、ある日、急に出来るようになった自分に気づく。

そういうものなのかもしれない。

だから、つねに過去の自分と比較しないと日々が徒労に思えてくるのだ。

そんなことが、こちらの本に書かれている。

なかなか面白い。自身にも、いい刺激になった。