Funny Walking

他人の役に立つことをしたい

リスクと戦う投資哲学

やっとこの本を読み終わった。感想を書いていこう。

良かったこと

投資に必要な考え方を知れたこと。

二次的思考、ディフェンシブな投資、バリュー投資、などの単語を知った。

まだ投資を始めていないが、気を付けるべきことを知ったことで今後の方針が見えた。

二次的思考

ふつうの考えをするなということ。

情報に触れたとき、その情報は誰が発信したのか、どんな経緯で発信したのか、リソースは適切か、を考える。

たとえば、マスコミは連日コロナの感染者数を報道するが、回復者数については報道を避けている。なぜなら、人間は不安を煽られると消費行動を加速させるという研究結果が出ており、マスコミのスポンサーとなる企業のCMで商品の売り上げが上がるからだ。

マスコミは真実を報道しているわけではない。自身のメリットのために発信している。

ディフェンシブな投資

利益を最大化するより、損失を最小化するという考え方。

投資は運の要素が強い。医者や弁護士とは違い、成果にはランダム性が大きい。たまたまうまくいったのか、予測通りにうまくいったのか判別しにくい。

損を避けられそうな銘柄に投資し、もうけが出そうな投資の仕方はしない。

たとえば、コロナの影響で製薬会社が好調だという理由で、複数の製薬会社に投資するよりも、アミューズメントやホテル、飲食、ファッション、介護、接客、エンタメへの投資を避けて、その中で複数の堅実そうな銘柄に投資すること。

固定費を減らして、利益が増大しなくても損失を減らすようにする。 絶対に負けない状態まで守りを固めてから戦いに挑むのは、孫子の考え方だ。

孫子 (講談社学術文庫)

孫子 (講談社学術文庫)

第四編「形編」において、孫子には「まず守備を優先し、しかる後に勝て」と書いてある。

守備は自分たちの力で向上させられるが、勝つかどうかは相手との状況に左右されるからだ。

まあ、守備とは情報や知識を集めるということと同義かもしれないが。

とにかく、設備費や固定費のかかる業界への投資は避けたほうが無難だ。

バリュー投資

とにかく、レバレッジに頼んなよ、ってことだろうか?

p.203

危機時の投資でカギとなるのは、①売りを迫るマイナス要因から身を遠ざけ、②そのかわりに買い手の立場をとることだ。これらの条件を満たすために投資家に必要なものは、断固として本質的価値を重視すること、レバレッジになるべく、あるいはまったく頼らないこと、そして長期的な資本と強い意志だ。逆張りの姿勢と健全なあらんすシートを拠り所として我慢強くチャンスを待てば、金融崩壊時に驚異的な利益を生み出しうるのである。

低リターンしか見込めなさそうな市場で、投資家はどうすれば良いのだろうか?

p.197

目先のリスクは無視し、長期でリターンを上げることに集中する。目先の損失には目をつぶるという言質を取っておいたほうがよいだろう。

p.198

予想リターンがきわめて低く、リスク・プレミアムが小さい状況では、簡単な答えはないというのが実情である。だが一つだけ、私がまちがっていると最も強く感じる行動がある。それは、「リターンを追求する」という典型的な過ちだ。

p.199

リスクは、みなが競って同じようにとろうとしているときではなく、周りが避けようとしているときにとるのが望ましいのである。

たとえば、月収の大きさだけ考えてフリーランスになって月収80万を得たとする。ただし、フリーランスでは80万×12か月分の所得すべてが課税の対象である。税率が約25%だと仮定すると、実際の手取りは正社員より低い。福利厚生もなく、保険料も全額負担になる。有給もない。仕事の保証もない。失業保険もない。

そうなるなら、最初に10万円ほど使って外部発注して法人化し、課税所得を最小化して(たとえば月収19万くらいに抑える)、事務所に実住して家賃と固定費を非課税にし、なるべく税金を安くするとフリーランスの月収のまま節税ができる。10万の損失だが、年単位では300万近い得である。

どんなに稼いでも出ていく税金が多ければ意味はない。目先の損失に惑わされてはならない。

緊急事態宣言が解除されて、通常通りの出社に戻るのでは、いままで何のために在宅環境にいたのか分からない。コロナ禍の経験を糧にして新しい働き方を打ち出せば、それだけで周りから一歩先んじることができる。

課題に感じたこと

たしかに考え方はわかった。しかし、具体的に投資の世界でどう振舞うべきかわからない。しょせん、畳水連の域を出ない。

リスキーでないときに敢えてリスクを取る。言葉ではわかるが具体的にどんな状況で実施すればいいのか。

次に活かそうと思ったこと

もっと具体的な投資の知識を得る。50万くらいまとまった金が得られたタイミングで、分散投資して小さく試す。

初めてのオンライン勉強会をふりかえる - ライブ感の大切さを知る -

初めてオンライン勉強会に参加したので、さっそく振り返りをしていきたいと思います。

まずは、オンラインという不慣れな状況にも関わらず、主催して頂いたことに感謝申し上げます。貴重な時間をありがとうございました!

参加した勉強会

eng-game-changers.connpass.com

英語をロジカルに学ぶという趣旨の勉強会です。

以下、勉強会自体の振りかえりと、オンライン勉強会の振り返りの2種類で振り返りをしていきます。

ふりかえり

良かったこと

勉強会そのもの

今後の英語学習効率が上がると思えたことです。

英語学習には認知学習と構造学習の2種類があり、第二言語として学ぶなら構造学習を覚えたほうが前者よりも効率が良いということがわかりました。

構造学習は、文型(SVOCを使った1~5文型)を使った構文パターンの組み合わせを覚える学習方法で、フレーズを丸暗記しない学習方法。ということは、パターンを覚えれば、あとは英文に触れれば触れるほど表現力が増えていくということです。

蓄積がメリットになる学習法だと思いました。

オンライン勉強会として

音声オフ、ビデオオフでOKなので、メモを取ることに集中できました。

課題に感じたこと

勉強会そのもの

50時間の有料講義を2時間に圧縮しているため、内容が薄いと感じました。

導入部分で1時間かかり、肝心の英文法の理解に達するまでに集中が切れてしまいました。

オンライン勉強会として

リアクションを強制する行為が煩わしかったです。

参加者はビデオオフ、音声オフになりやすいです。確かに、主催者としてみれば、リアクションをくれたほうが安心して進められると思います。

でもそのせいで、勉強会ではなくて授業になってしまいました。いちいち手を挙げたりするのは、最初なら物珍しさもあって面白いと思いました。しかし、後半は集中して話を聞きたいしメモも取りたいので、いちいち反応するのが億劫になると分かりました。

次に活かそうと思ったこと

勉強会そのもの

英文を読むときに、文型と品詞のパターンを意識して、「この文は第何文型なのだろう」といった構文理解をしていきます。

まずはリーディングとライティングで構文理解をします。オンラインドキュメントを参照するときに意識してみます。

オンライン勉強会として

リアクション取るときに疲れないようにしたいです。

たとえばzoomであれば、下記のようにリアクションを取る方法が3種類あります。

  • ビデオでジェスチャーする
  • 手を挙げる
  • 反応アイコンを表示させる

3つもあると初対面の人とコミュニケーションするうえで混乱します。いちいち意思決定しないといけないのは疲れました。表現は1つに絞りたいと思います。

まとめ

初参加、初オンラインなので、いろいろ収穫があってよかったです。勉強会の内容そのものは満足でした。

ただ、オンラインでやるとライブ感が感じにくいせいで、いつもより冷めている自分がいることにも気が付きました。

参加者として場を盛り上げる・一緒に作り上げるというスタンスで参加できず、傍観者思考・他責思考になってしまったことは後悔しました。

五感を使いにくいと、印象も残りにくくなります。熱量を持ち帰れないためか、感想ブログも書きにくいです。

いくつか、他の勉強会にも参加して、経過を観察していこうと思いました。

誰でも悩む。悩むということは視座が上がった証でもある

ということを思った。

職場で(といっても在宅だけど)業務後に聞こえてくる会話に耳を傾けていると、キャリアに悩む声が聞こえてきた。

3年くらいして現在のスキルが頭打ちとなり、以降の成長をどうしていこうかという話だ。

高みに上がったんだな、と聞いていて思った。

目の前のことに夢中になって日々を過ごすうちに、いつの間にか視座が上がっていたのだろうと思った。

目が肥えると、今の状態に不満が募る。もっとできるはずだと思ってもどこか物足りなくなる。

しかし、そこを耐えてコツコツ積み上げていくと、ある日、急に出来るようになった自分に気づく。

そういうものなのかもしれない。

だから、つねに過去の自分と比較しないと日々が徒労に思えてくるのだ。

そんなことが、こちらの本に書かれている。

なかなか面白い。自身にも、いい刺激になった。

【投資を学ぶシリーズ3】株式投資におけるリスクとは?

今週読んだ分をふりかえる。テキストはこの本

気になってたこと

株式の本質的価値を知る方法は何か?

  • よくわからん
  • ファンダメンタルズ?という言葉にヒントがありそう

つぶやき感想

良かったこと

リスクの考え方がわかった。

投資のリスクとは、「先行き不透明なリスク」のこと。

リスクが高くなるほど、未来の可能性が増える。たとえば以下の例がある。

  • 高い期待リターン
  • リターンが低くなる可能性
  • 場合によっては損失が出る可能性

印象的なキーワード

ここで断言しよう。「リスク」とは何よりもまず、資金を失う可能性のことである (p.72)

気になったこと

リスクとの向き合い方は?

個人主義の人間にとってメリットのある組織とは、いったい何か

烏合の衆ではない、きちんと組織化されたところで働くメリットを考える。

メリットは、個人攻撃がされないこと。そして、個人で得られるリターンを超えた利益が得られること。しかも、個人で挑むよりも低コスト、低リスクで。

デメリットは、自由が無くなること。拘束時間があり、ノルマがあり、他人と協調しなければならない雰囲気があること。一言でいえば、気兼ねなく言いたいことが言えないこと。

お金を稼ぎたければフリーランスになり、高いリスクを負って沢山稼ぐ。会社員の立場だと、こういう状況に憧れるのだろうか。

ただ実際、フリーになる人というのは、人間関係に耐えられなかった人のほうが多い。

[新版]〈起業〉という幻想:アメリカン・ドリームの現実

[新版]〈起業〉という幻想:アメリカン・ドリームの現実

安定した生活を捨ててでもフリーになる人というのは、人間関係で上手く行かなかった人が実は多いのだ。

人間関係に辛さを感じる人は、個人攻撃されず、拘束が比較的緩く、自分のペースを保てる環境が大切だと思う。

否定から入らず、すべての意見をいったん受け容れる。それだけで組織の居心地は変わるのではないだろうか。

【投資を学ぶシリーズ2】良い株の買い方とは

今週読んだ分をふりかえる。テキストはこの本

つぶやき感想

良かったこと

株式投資の考え方がわかった。

良い株の買い方は、株の適正価格(本書では本質的価値という。以後、この表現に従う)を調査するやり方。本質的価値を下回ったら買う。

爆発的な価格の上昇を期待するのは良くない。宝くじに当たることを期待するようなもの。

印象的なキーワード

投資は「良いものを買う」ことではなく、「ものをうまく買う」ことで成功する (p.53)

気になったこと

株式の本質的価値を知る方法は何か?

【投資を学ぶシリーズ1】投資とダーウィン

投資に興味をもつ。勉強する。

投資で儲けるというより、投資の考え方を日常に活かしたい。

投資ではリスク管理が非常に大事だと聞いたので、プロジェクト管理にも応用できるのではないか。

プロジェクト管理でのリスク管理については、以下の本に詳しい。

良かったこと

まだ一章しか読んでないけど、応用できそうな考えに出逢えたこと。二次的思考という考え方。

投資の市場を形成しているのは投資家たち。だから投資家がどう考えるのかを予測して、その先を想定した行動をとりましょう、ということ。

良い企業だから株を買うのは単純な考えだけど、実はネームバリューが勝ちすぎているだけなので売ったほうが良いのでは?と考えられるのが二次的思考。システム思考と進化論に似てる。

システム思考の参考書

進化論の参考書

マンガ「種の起源」 (KS自然科学書ピ-ス)

マンガ「種の起源」 (KS自然科学書ピ-ス)

  • 作者:田中 一規
  • 発売日: 2005/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

特に進化論に関して、面白い話がある。食物連鎖という考え方は古くて、今は食物網という考えが一般的らしい。

http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/images/2015/09/07/dsc_0036.jpg

NHK「100分de名著」で観た。食物網 = 生態系ということらしい。

システム思考と食物網と投資。共通するのは「物事は一方通行ではなく、循環している」という考え方。粗大ごみを山に捨てて部屋は片付いたけど、飲み水が汚染されて生活が出来なくなってしまう感じ。

今後

投資の世界で循環しているもの、システムとなっているものは、一体なんだろう?

本書が「賢い投資家」という人は、どんな行動をする人なんだろう。